ナイトブラって日中つけてもいいの?

ナイトブラって日中つけてもいいの?

ナイトブラって日中つけてもいいの?

バストを締め付けず、楽な着心地なため日常でもナイトブラを着用している人も多いようですね。ただ、夜用のナイトブラを昼間に使用した際のバストに対する影響も気になりますよね。単に「楽だから」という理由でナイトブラを日中つけたい人、つけている人は要チェック!

ナイトブラと昼用のブラの違い

まずは、ナイトブラと昼用のブラの違いを説明します!

ナイトブラとブラジャー(昼用ブラ)の違い
体勢の違いによる効果が異なる
ナイトブラとルームブラではブラの構造が異なる
ルームブラは寝るときのサポート力が不十分

そもそも日中と就寝時では体勢が違います。

そのため、直立と横向きのそれぞれの体勢に合った役割(機能)と効果も異なります。

昼用のブラジャー(昼用ブラ)は、体を起こした状態で脇や背中のお肉をカップに集め、バストの形をキープし、胸の下垂の原因である重力の影響に対してワイヤーやストラップで「クーパー靭帯」を保護してくれています。

ブラの目的はバストの重みの軽減

ナイトブラも、昼用のブラも、ルームブラもバストの重みの負荷を軽減させることにあります。ブラのアンダーと肩紐、ブラのサイドの部分で乳房の重みの負荷を少なくしています。それもすべてクーパー靭帯への負荷を与えないためです。「クーパー靭帯」は、激しい運動や重力などで伸びたり・切れたりします。1度伸びたり・切れたクーパー靭帯は2度と元には戻らないと言われているため、動きが活発になる日中はクーパー靭帯を守るサポート力に重視したブラジャーが最適と言えます。

ナイトブラは、寝ている間に流れるお肉を正しい位置でホールドし、バストの形の補正する構造となっています。

また、寝心地も追及しているため伸縮性のある生地がほとんどです。 そのため起きている時の体勢では上からの重力に対して、下に下がろうとするバストを支える力(サポート力)が十分ではないのです。

こうしたナイトブラとブラジャー(昼用ブラ)、それぞれの構造・役割(機能)・効果をきちんと理解するとバストの下垂や形崩れといった危険を防ぐことができますね♪

ナイトブラとルームブラの違い

ナイトブラとルームブラの違いってなに?部屋でくつろいでる時につけるイメージの「ルームブラ」。 寝るとき専用のイメージがある「ナイトブラ」。どちらもノンワイヤーでリラックスしている間に特化したブラです。

大きな違いというと、ナイトブラは寝ている間の脇や背中への肉流れを防止するためバストと全体包み込みようなデザインです。 それに比べてルームブラは、シンプルなものからレースなど女性らしい可愛いデザインが多く、バストケア(バストを補正)するというよりはバストを休息するためのソフトなブラと言えます。ワイヤーが入っていないノンワイヤータイプのブラやシームレスなブラも人気です。

ブラの窮屈さ、ワイヤーの入っているブラの洗濯の煩わしさからルームブラを選ぶ人もけっこう増えています。あまりバストが大きくない人はバストの下垂よりは乳首が浮かない、透けないルームブラをするのは窮屈さや締め付けがなくて楽でいいですが、バストが大きな人は下垂が心配です。ルームブラでもホールド力が十分にあるものを選ぶ事が大事です。

ルームブラでも会社によって呼び方が異なるだけでナイトブラの機能と効果が同じものもあるので購入前に確認してみて下さいね!

ナイトブラとルームブラは使い分けて

ナイトブラは日中の生活動作を考えるとバストを支えるサポート力が不十分なためおすすめできません。

大切な「クーパー靭帯」を保護しながら美しいバストを維持するためにも、 体勢や状況に合ったブラジャーを身につけることが大切です。 日中のブラジャー(昼用ブラ)・ナイトブラ・ルームブラ・スポーツブラ...、 さまざまなブラジャーを賢く使い分けてバストケア、美しいバスト(美乳)を目指しましょう♪

バストは遺伝も関係があるという話もありますが、バストのケアをすることで理想の美しいバストにできるとも言われています。 ナイトブラは夜寝る時につけることで、寝ている間の乳房の負担を軽減してクーパー靭帯のサポートになります。

普段、日常生活の動作や運動とともに胸を釣りあげている「クーパー靭帯」が 上下左右に伸びたり切れることによりバストが垂れ下がってしまいます。 ナイトブラというだけに、「クーパー靭帯」にダメージの無い状態=をサポートするということが大事なんです!

10代のころはお泊り時にワイヤー入りのブラジャーをそのままつけて寝る人も多かったと思いますが、ワイヤー入りのブラは昼用で寝るときを想定してつくられていません。

寝るとバストは左右に流れることからそれをストレスなくサポートしてくれる専用のナイトブラが適しています。

最初はダサかったナイトブラも今は可愛くておしゃれなものも増えています。ナイトブラをすることで、背中やお腹にバストの脂肪が流れず、定位置を保護するため、おっぱいの弾力、おっぱいの脂肪を支えてくれるクーパー靭帯の保護にもなります。そのためバストの流れや下垂といった予防もできます。

ナイトブラの最大の効果は流れ防止

ナイトブラの最大の効果はおっぱいの脂肪の流れ、下垂防止、そしてクーパー靭帯のダメージを与えないようにサポートする下着です。クーパー靭帯を守ることで、バストのケアに繋がり、下垂の予防となります。全く何もしない状態より、少しでも手をかけてあげてバストケアをしていきましょう。

つけ心地重視!着脱もしやすいナイトブラ

ナイトブラはつけ心地、洗濯、着脱が楽でうれしいヴィアージュナイトブラ!

ヴィアージュ

トップへ戻る