産後のバストのしぼみは元に戻る?

ナイトブラでバストアップ

産後のバストのしぼみは元に戻る?

産後は授乳もありおっぱいの変化が妊娠時からかなり変化するもの。乳首の色もかわりますし、授乳時に乳首も大きくなったり、おっぱいが張って痛かったりとこんなにも変化するものなのだと思いますよね。

授乳

そのおっぱいの変化はなにがもたらしているか?といえば女性ホルモンです。妊娠すると乳腺組織が変化します。母乳を出すために細胞が発達するためです。女性ホルモンは生理の時にエストロゲン、プレストロゲンが入れ替わり分泌されますが、生理前におっぱいが張ったり、乳首が痛くなったりすることがあるように、妊娠していなくても多少のおっぱいの変化があることがわかりますよね。しかし産後はその女性ホルモンが激減。授乳が終わると乳腺組織も変化しておっぱいがしぼんだ感じになってしまいます。

おっぱいがしぼんでも元に戻すには?

クーパー靭帯

おっぱいが産後しぼんでしまう原因はいくつかあります。一つはクーパー靭帯が伸びてしまうこと。おっぱいが大きくなって、小さくなってを繰り返すとクーパー靭帯も伸びてしまい、肌の弾力も低下、乳腺組織が女性ホルモンがさかんに分泌されていたときと違い、細胞の発達が鈍くなるためです。

伸びてしまったクーパー靭帯は元には戻りませんが、再度妊娠したらまたおっぱいが大きくなるように、女性ホルモンの回復次第ではおっぱいのしぼみ具合もある程度元に戻ります。しかし妊娠と出産を繰り返すと、お腹の皮が伸びて元に戻らなくなるように、おっぱいも元に戻りにくいというのは否めません。しかし、その後のケア次第では完全には元に戻らなくても膨らみは回復させることはできなくもありません。

そもそも産後は赤ちゃんを生むために母体からさまざまな栄養が失われている状態です。コラーゲンも数年分減少するといわれています。それだけでなく、育児の過労からストレスを抱えてしまう人、忙しくて自分のことを構えない人、休む時間が十分に取れない人もたくさんいます。赤ちゃんのケアが再優先事項になると自分への時間と投資ができなくなってしまいますよね。でも自分の体への栄養補給はとっても大事。

栄養のある食事と女性ホルモンを充填

プロテイン

そのため産後のバストを回復させるにも、栄養のある食事と女性ホルモンを充填が要です。本当は野菜、果物から取れるビタミン類とタンパク質が豊富な食事をとって回復するのがベストですが、それができない場合はプロテインでタンパク質を補ったり、サプリメントやプラセンタドリンクを利用するといいでしょう

なかなか自炊するのも大変な時期はプロテインでタンパク質を補い、プラセンタドリンクで女性ホルモンを補うのがおすすめ。プロテインは運動する人のものと捉えがちですが、なかなか効率よく取ることのできない蛋白質を始めとした栄養素が含まれており、かつ、甘さもあるため満腹感があります。それを豆乳で割って飲めばイソフラボンも摂取できます。ホエイプロテインを豆乳で飲むなら、産後の不定期な赤ちゃんの夜泣きなどで寝ている暇もない人でも気軽に取れます。

キウイフルーツ

またキウイフルーツを1日1個食べればビタミンCだけでなく葉酸や食物繊維も取れるので下手なビタミンCサプリメントを買うよりもよっぽどいいですよ!キウイフルーツにはタンパク質分解成分も含まれているのでお肉やお魚が重たく感じる人にも食後におすすめ。キウイに含まれるカリウムはむくみの解消もしてくれます。メルカリなどで安く大量に買うこともできるので、必要に応じて買いだめもありです。

女性ホルモンがおっぱいの組織を作る

プランク

前述したとおり、私達女性のからだは女性ホルモンの影響をうけ、おっぱいが変化します。授乳には女性ホルモンの分泌が必要不可欠。出産後授乳しておっぱいが出ている間は問題ないですが、卒乳しておっぱいがしぼんでからが問題ですよね。

できれば女性ホルモンの分泌をもとに戻したい。それに効果があるといわれているのが胎盤=プラセンタです。プラセンタは出産した時に出てくる胎盤から抽出した成分です。胎盤は赤ちゃんがお腹の中で成長するに当たり、栄養を届けたり呼吸ができない赤ちゃんのために二酸化炭素を吸収したりといった機能をもっています。出産と共に排出されますが、胎盤には栄養があることから哺乳類の動物は出産後胎盤をみずから食べる動物もいます。

日本でもわずかながらですが、自分の胎盤を出産後に食べることができる病院もあります。もちろん自分の胎盤を食べる必要はないですが、プラセンタはそれだけ栄養価が高い成分が含まれており、人胎盤から抽出されたプラセンタは医薬品として使われています。そのため、プラセンタの摂取やプラセンタ注射は産後の女性ホルモンの回復にも役立ちます。生理前におっぱいが張ったりすることがあるように女性ホルモンが分泌されればまだおっぱいに変化の兆しはあります。諦めないで日頃の食事をみなおしたり、時間があったらプラセンタ注射を受けてみるのもいいと思います。プラセンタ注射やプラセンタドリンクについてはこちらのページで更に詳しく書いています。

産前・産後のバストのケアに必要なアイテム

妊娠してからおっぱいが急激に変化することもあるため、ブラジャーはもちろん、ナイトブラも締め付けがストレスにならない程度できつくないけどサポートしてくれるタイプを選ぶ必要があります。

急激に乳房が大きくなると寝ている時にうっとうしく感じることもあるほど。寝ている間のクーパー靭帯保護にナイトブラはしておいたほうが安心です。また、お腹の妊娠線、肉割れが産後も目立たないようにするために、肌の保湿、オイルやクリームでの保湿が必須なように、おっぱいも皮膚がつっぱることもありますので保湿は大事です。!

産後の体の変化に気を落とさない

授乳期が終わり、忙しさがすこし落ち着いてきた時に自分の体の変化に気づくとちょっとがっかりすることもあると思います。でもそれはみんなそうです。ただ、その後のケアや意識次第である程度元に戻すことは可能です。諦めないでできることから意識して初めて見るのがいいとおもいますよ。また極端な老化にコンプレックスを感じて美容整形をよくわからないまま受けてしまう人もいますが、まずは落ち着いてできることから始めましょう。

ナイトブラをつける習慣を

まだ妊娠経験がない人も、ナイトブラの習慣をつけて、生理前後のバストの変化も意識してみるといいと思います。生理も生理痛がある時、生理痛がまったくない時があったりするように、体調や体温、その時の生活習慣によっても変化しますよね。体重も変化すればまたそれも変わってきます。私達の体は毎日細胞が生まれ変わっています。今の生活や習慣を少し買えるだけでからだは答えてくれますよ。

つけ心地重視!着脱もしやすいナイトブラ

ナイトブラはつけ心地、洗濯、着脱が楽でうれしいヴィアージュナイトブラ!

ヴィアージュ

トップへ戻る